ホワイトニング

ホワイトニング 画像

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術で、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を白くしていくものです。

歯の表面を傷つけることなく歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて白くしていくのです。

当院が行うホワイトニングは 歯科クリニックで行うホワイトニング・システムとして日本でNo.1の導入実績をもつビヨンドホワイトニングを導入しています。
ホワイトニングは過酸化水素という薬液を使って歯を白くするのですが、ビヨンドホワイトニングはそれを活性化させる「光」を利用します。

過酸化水素は「光」によって効果的に働きます。つまり、光をあてることによって短時間でホワイトニングすることができます。同じ薬剤を同じ時間使用したとしても光をあてないのとあてるのではその効果は3倍違ってくるといわれています。
ところが、光であれば何でもよいというわけではありません。
光は同時に強い発熱があり、この熱が歯を痛めますので、安全な光を選ぶ必要があります。光には様々な種類がありますが、光によっての効果やリスクも異なります。

ホワイトニング 画像2

症例before&after

  • case1

    case1 画像
    • 年齢24歳
    • 12分×3回
    • 刺激なし
  • case2

    case2 画像
    • 年齢24歳
    • 12分×3回
    • 少しの刺激あり
  • case3

    case3 画像
    • 年齢25歳
    • 12分×3回
    • 刺激なし

製品比較

  光源 波長 発熱
Beyond ハロゲン 可視光線
(480-520nm)
特殊フィルターで
発熱をカット
製品A メタルハイド 紫外線
(吸収波長310nm)
非常に強い発熱火傷や
メラニンのリスクあり
製品B LED 可視光線
(420-500nm)
若干の発熱あり
(光量は大幅に劣る)
製品C キセノン 可視光線
(460nm)
強い発熱あり

ビヨンドホワイトニング ステップチャート

  • STEP1

    ホワイトニングの前に
    ホワイトニングの前に、ブラッシングで歯の汚れを落とします。

  • STEP2

    診断
    ホワイトニングの説明をし、歯の状態や色の診断をします。

  • STEP3

    10~12分照射
    ホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、専用ライトを照射します。
    ホワイトニング時間は歯質の状態により変わります。

  • STEP4

    10~12分照射(2回目)
    引き続き、10~12分の照射を繰り返します。

  • STEP5

    10~12分照射(3回目)
    引き続き、10~12分の照射を繰り返します。

  • STEP6

    術後処置
    ブラッシングを行い、最後に色の確認をします。

■ 料金は、上記のSTEP1~STEP6までで10,000円(税込)となります。(要予約)

ホワイトニング後のケアに、輝く白い歯のためにト

SIlK WHITE 画像

SILK WHITE
ティーツリーオイル・ハイドロキシアパタイト配合 歯磨剤

効果
歯を白くする、ムシ歯を防ぐ、口臭を防ぐ、歯石の沈着を防ぐ、歯のヤニをとる、歯垢を除去する、口中を浄化する
内容量
100g
TEA TREE OIL ティーツリーオイル
ティーツリーオイルは、オーストラリアに自生する植物「TEA TREE」から得られる エッセンシャルオイルです。先住民族アボリジニの間では、古くから秘薬、万能薬として 用いられ、現代のオーストラリアの家庭でも常備薬として親しまれています。
ホワイトニング ポスター

ホワイトニングに関する情報を
医院の前に掲示しています